【秋華賞】歴代2冠牝馬特集 デアリングタクトは三冠を達成出来るのか⁉

昼でも夜でもこんにちは!ミゲル伊藤です。

今週はいよいよ秋華賞です。

歴史上初めて無敗での三冠牝馬達成なるかと、巷は盛り上がっていますが

今回は、桜花賞・オークスを勝つものの惜しくも最後の三冠レースで敗れた馬達をまとめてみました。

達成年馬名秋華賞・エ女・VCまたは菊花賞備考
1952年スウヰイスー菊花賞2着
1954年ヤマイチ菊花賞3着
1957年ミスオンワード菊花賞10着
無敗の牝馬二冠馬
1964年カネケヤキ菊花賞5着菊花賞はシンザンに敗れる
1975年テスコガビー不出走捻挫でビクトリアカップを断念
1976年テイタニヤ4着
1987年マックスビューティー2着
1993年ベガ3着
2009年ブエナビスタ3着
2020年デアリングタクト未定現在
無敗の牝馬二冠馬

過去に9頭もの馬が2冠までは達成するものの、三冠最後のレースに挑み敗れています。(テスコガビーは不出走)

やはり、三冠はかなりの偉業だと言う事が窺えますね。

デアリングタクトが三冠を達成出来るのか、今から楽しみですね(*‘∀‘)



格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です